最高益企業スクリーニング 2016年 夏 株価を動かす材料は、「成長性=業績の伸び」が大きな要因となる。業績下方修正を発表すると株価は下落、業績上方修正をすると株価上昇する場合がものすごく多い。2016年は原油価格の下落、円高、個人消費の手控え、消費税増税の延 ...

O2O・オムニチャネル支援など手掛けるゆめみと資本業務提携 セレス(3696)が大幅高、寄り付き後には高値2720円まで買われ前日比294円となった。好材料出現を買い手掛かり材料に買われている。きょうは O2O(Online to Offline)サービスを共同で開発が市場に好感さ ...

外国為替売買益が予想され利益急回復へ ゆうちょ銀行(7182)の株価下落が止まらない、日銀によるマイナス金利政策の影響で銀行セクターは営業収益の低下を見込み、高配当銘柄でありながら投資家から敬遠されている流れが続いている。これは欧州市場で「低金利=銀行株安」と ...

目先は窓埋めへ、重要イベント多く様子見続く 日経平均株価は一目均衡表の雲を上抜け、目先は窓埋め1万6908円を意識日経平均株価は3日ぶりの反落、午前10時40分現在では下げ幅は前日比100円超となっている。市場関係者からの声では1万7000円を前に重要な ...

ルネサスエレクトロニクス、ネガティブ決算 ルネサスエレクトロニクス(6723)は7日引け後、5月11日の16年3月期の連結業績発表の時点で、16年4月14日以降に発生した熊本地震の影響により、発表を見合わせていた16年12月期第1四半期(4~6月)の連結業績見通しを発表し ...

大塚家具の親子対立から株価は長期下落トレンド 大塚家具(8186)の経営を巡り創業者の大塚勝久前会長と、長女の大塚久美子社長が対立。2015年度株主総会で大塚久美子社長側が多数を得た、あれから1年以上が経ったいま新たな展開が見え始めている。 株主総会、訴訟と創 ...

↑このページのトップヘ