チヨダ(8185)の17年2月期営業益、16%増の108億円の見通し チヨダ(8185)は8日引け後、17年2月期の連結売上高を前期比1.4%増の1465億2300万円、営業利益は同15.9%増の108億5900万円の見通しと発表した。市場や消費者ニーズの変化に対応し、経営基盤の強化と業務の効率化 ...

アベノミクス相場初の1ドル=107円台 外国為替市場では1ドル=107円台まで突っ込む場面もあった。急激な為替変動に政府関係者の口先介入が発せられるが、その度に円が買われるトレンドになった。日本株は円高を嫌って下落、アベノミクス相場の「円安=日本企業業績好 ...

ANA(9202)、清水建設(1803)など6銘柄を買い推奨 欧州系証券会社がリリースした日本株式投資戦略では、日本株の本格的な戻りは5月以降、米国の利上げ再開が織 り込まれるまでは高ボラティリティのレンジ相場が継続しそうと指摘。短期的には海外投資家の現物売り継続、ヘッ ...

アステラス製薬がB型肝炎ワクチンでシェア8割の化学及血清療法研究所へ買収交渉 アステラス製薬(4503)が化学及血清療法研究所のワクチン事業の買収交渉に入ったと、4月8日付け日本経済新聞朝刊が報じた。事業譲渡金額は数百億円規模になるらしいが詳細は流動的で不明。化 ...

ファーストリテイリング業績下方修正ネガティブサプライズ ユニクロ業績悪化、国内では暖冬の影響で、海外では以前からの苦戦が鮮明になってきた。日本でも数少ないグローバル企業として位置付けされているが、巨大化したユニクロの経営戦略が見直す時期になったようだ。決 ...

アベノミクス相場初の日経平均株価7日続落 2016年4月6日、日経平均株価は7日続落となった。終値は1万6000円を割り込みアベノミクス相場になってから初の7日連続安。円高が進み1ドル=109円台になったことも日本株の売り手掛かり材料にされている。マーケ ...

国内大手証券テクニカル分析で日経平均株価は1万4000円へ 日経平均株価が今年初の7日連続安になるか市場関係者の関心が高まっている。テクニカル面では心理的節目の1万6000円をあっさりと下回り、トヨタ自動車<7203.T>の年初来安値更新は投資家心理を悪化させた ...

↑このページのトップヘ