日本株今週の見通し一喜一憂も下値は底堅い 米中協議の見送りを示唆して懸念が高まり株価急落、次に対中国関税第4弾の先送りを表明したことで急反発、米国金利が逆イールドカーブになったことで再び大幅安と相場が荒れた。 SMBC日興証券「週間株式アウトルック」で日経平均 ...

カオナビ決算発表、来期は黒字転換 2019年3月に新規公開したカオナビ(4435)株価が急上昇、8月14日に2020年3月期第1四半期決算発表が株価上昇の材料となった。通期売上高予想は前年同期比50.3%増の25億4000万円となる見込み。立花証券投資情報レポートでは、カオナビ投 ...

北の達人コーポレーション投資判断「強気」 健康食品ブームで北の達人コーポレーション(2930)の顧客は約7割がリピート客という強みが注目されている。岡三証券は8月15日付けレポートで、北の達人コーポレーションレーティングを「強気」継続、目標株価920円としている ...

東京エレクトロンなど半導体関連株3社レーティング引き上げ 8月16日の株式市場では半導体関連株の上昇が目立った、米中貿易摩擦の影響で半導体需要の減速懸念が関連株の下落要因となっていたが、日本と韓国の関係悪化による半導体材料の輸出規制の正常化がダブついてた半 ...

武田薬品業績予想引き下げ目標株価引下げ 武田薬品工業株価が年初来安値を更新3531円まで値を下げた。テクニカル分析でも一目均衡表の雲の下限が上値の抵抗帯と意識されて、右肩下がりの下落トレンド継続となっている。大和証券では武田薬品(4502)レーティングを「2」か ...

光通信目標株価31000円へ引き上げ 光通信(9435)2019年6月期第1四半期決算発表、売上高は前年同期比12%増の1254億円、本業の儲けを示す営業利益は前年比51%増の246億と大幅増益となったことをうけて株価上昇。岩井コスモ証券は光通信株式の投資判断を「A」継続、目標株 ...

トランプ大統領が対中国関税第4弾を発動 今週の日経平均株価は大幅下落、8月6日安値は2万110円75銭まで下落したがザラバに買い優勢となり日足ローソクは下ヒゲ・陽線となり目先の底打ち機運も出てきた。とはいうものの、お盆休みで市場参加者が少ないタイミングに悪材料が出 ...

↑このページのトップヘ