トランプ候補が大統領になったら劇的な円高になる 過激な発言で注目されている米大統領候補のトランプ氏に暗殺計画があったことが報じられている。マーケット関係者の中ではトランプ氏が大統領になったら劇的な円高相場を迎えるという見通しを出している。トランプ大統領が ...

パイオニアが10期ぶりに復配へ パイオニア(6773)が朝方から買い気配が優勢となっている、今朝はポジティブな材料が買い手掛かりとなって株価押し上げ要因となっている。無料体験メールマガジンの登録はコチラ7日付の日本経済新聞朝刊で、同社の「小谷進社長は日本経済新 ...

ドイツ証券が任天堂の株価上昇に期待 WiiUが買い控えで激減しているがスマホゲームの新作タイトルを下期に複数投入することは業績を支えるポジティブな材料。DeNA(2432)との提携で家庭用ゲームからスマホゲームに変貌期を迎えている。 無料体験メールマガジンの登 ...

一目均衡表の先行スパン1と2(雲の中) 日経平均は雲の中での推移を予想、下値メドは1万6358円や雲下限との見解 国内大手証券による日経平均のテクニカル分析では、RSIは売られ過ぎの目安とされる30%まで調整余地が残っていると指摘。一目均衡表の雲上限は、 ...

6月も月初めに急落相場アノマリー 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は「月初の急落にする傾向」をレポートで指摘している。レポートによると今年に入り3月を除く「1月、2月、4月、5月」は月初に急落相場となっていると説明。 http://stocks.finance.yahoo.co. ...

第2次補正予算5兆円となればネガティブ・サプライズ 米系大手証券、第2次補正予算が5兆円規模なら株安・円高に繋がる可能性が高いと解説 JPモルガン証券では、昨日の米ドル大幅下落は米ドル・円が既に調整局面を終え、下落トレンドに回帰している可能性を示唆してい ...

6月の日本株 日銀政策決定会合、米FOMC 野村證券がリリースした生保セクターのレポートでは、今後、国内金利の変動要因として、6月に開催される日銀政策決定会合、米FOMC、消費増税の先送りを背景とした日本国債の格下げ懸念を紹介。日本株情報 過去の金利動向と上場 ...

↑このページのトップヘ