日経平均は3月戻り高値1万7291円を突破すると 東海東京調査センターでは、日経平均は3月の戻り高値1万7291円を突破できるかがチャート上の注目点となり、突破すると2月高値1万7905円を目指す動きが強まると予想。日本企業の17年3月期業績見通しは保守 ...

TOPIXコア30などブルーチップ株が魅力的 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のテクニカルでは、2016年は2008~2012年の大底に次ぐ2番底の年になると指摘。プライマリー第2波の調整が進行中、7~9月に底打ちの可能性があるとみて、日経平均のターゲ ...

政治空白を無くし、円安に誘導がアップサイドポテンシャル   市場関係者の間では、4月26日~27日に開催される米FOMCは利上げ見送りとの予想が強い。6月のFOMCで利上げ期待が強まればドル高・円安になり、さらに熊本地震を受けて7月の衆参同時選挙の可能性 ...

マツダ(7261)、「円高進行で今期5期ぶり営業減益」と伝わる   マツダ(7261)に業績観測報道。23日付の日本経済新聞朝刊で「2017年3月期の連結業績は、本業のもうけを示す営業利益が前期推定比で2割強減り、1700億円程度となりそうだ」と伝えられた。 簡単な投資 ...

野村證券の注目銘柄、JR東日本、京成電鉄、ANAなど8銘柄リスト 簡単な投資戦略、チャートとレーティング定義 野村證券では鉄道と物流は景況感鈍化の中、新幹線の利用や燃料安の影響が注目材料と指摘。海運は事業環境改善を探りたいとして、空運は業績の好調さが株 ...

スマートフォン市場の成長鈍化を再確認、日系メーカーにネガティブ 簡単な投資戦略、チャートとレーティング定義iPhone減産を継続との報道からスマートフォン市場の成長性に陰りが出ていることが株価にも表れている。日本株ではApple iPhone関連として昨年まで株価が大きく ...

本邦投資家による外株売りが加速、「円高・株安」による含み損の損切り発生 JPモルガン証券では本邦投資家による外株売りが加速している見方が、より一層強まってきていることをアナリストリポートで話題に採りあげてい る。今年に入ってからに円高・株安が投資家に影響を ...

↑このページのトップヘ