千代田化工建設業績下方修正2000億円赤字 石油プラント大手の千代田化工建設(6366)は、経営再建支援に1500億円を三菱商事(8058)と三菱UFJ銀行(8306)から投融資を受け入れる方針を固めたと報じられた。 千代田化工建設株価は報道を好感して高く始まったが、5月7日の終値は3 ...

ロシアたばこ販売はJTのシェア大きい JT(2914)第1四半期決算の営業利益は1826億円で、市場予想コンセンサス1311億円を上回る結果となった。HIV薬6品の国内ライセンス契約解消による一時金605億円が計上された事が大きい。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、見た目は順 ...

コマツ(6301)レーティング「ニュートラル」引き下げ コマツ株価急落、連休前比287円安の2565円で取引を終えた、下落率は10.06%と大幅安で日足ローソク足は、大きな窓開けとなって株価下落した。 野村證券はコマツ業績予想を下方修正、アナリストは2020年3月期のEPS予想 ...

10連休明けの投資戦略米国市場では予想を上回る企業決算が続き、S&P500が最高値圏で推移、日本株式市場はゴールデンウィーク10連休を控え、日経平均株価2万2000円台をキープしながらも動意に乏しい展開。3月企業決算発表が連休明けにも続き、日本株の下値不安が遠のいており ...

信用買い残・売り残の多い銘柄の株価動向 かんぽ生命保険株価チャート引用元:松井証券 株価の変動理由には、業績、需給要因など大きく影響する。一般信用取引の返済期限は6カ月間で反対売買することも業績に関係なく株価が上下する要因となる。信用買い残の増加は株 ...

アドバンテスト株価下落2020年度業績見通し弱く 半導体製造装置関連株の上昇ラリーに水を差すような、アドバンテスト決算発表がネガティブ。2019年3月期実績は受注高、営業利益とも会社計画を上回ったが、2020年3月期業績予想が大幅に減少・減益となる点が売り材料となっ ...

サマーストック銘柄 外需:押し目買い村田製作所(6981):積層セラミックコンデンサの需要は底堅い。5G関連部品も展開、ダイキン(6367):主力の中国は環境が厳しいが、販売地域拡大など進める。代表的なサマーストック・・・春から初夏の株価動向に注目、ソニー(6758):ゲ ...

↑このページのトップヘ