方向感に乏しく弱気派・強気派が対立 決算シーズン最中、日本株の方向感が強弱2極化の展開が続き、ブル型ETF、ベア型ETFが買付代金ランキング上位1位・2位を占めたまま。前澤社長がTwitter投稿を休止して本業に専念するとZOOZが値上がりするも、買い派続かず株価下落。 サ ...

マツダ西日本豪雨の影響も営業利益上方修正 マツダ(7261)株価が急上昇、2月6日は日足ローソクチャートで窓を開けて大幅高。前日比78円高の1300円で寄り付き、高値は1315円50銭まで上昇している。 完成車メーカー業績への警戒感が強まってた中、マツダ2019年3月期第3四 ...

ソフトバンクグループIPO手取り資金で自社株買い ソフトバンクグループ(9984)が買い気配スタート、前日比838円高の9300円で寄り付き、午前9時27分高値9496円と1000円を超える値上がりとなった。 2月6日にソフトバンクグループ決算発表と同時に6000億円の自社株買いを ...

千葉銀行1000万株/50億円の自社株買い発表 地方銀行の中で投資対象とされている投資家が多い銘柄の千葉銀行(8331)は、2019年3月期第3四半期決算発表と合わせて、期中3回目となる自社株買いを発表した。 株価への反応はポジティブ、自社株買いは2018年5月、9月と今回で期中 ...

スズキ株価割安、インド自動車市場の減速織り込み 2月6日引け後にトヨタ自動車決算発表を控え、前哨戦にスズキが5日に決算発表を行った。第三四半期(2018年10月-12月期)の営業利益が前年同期比33%減となったことでスズキ株価が大幅安。2月6日の朝、スズキ(7269)は売 ...

ガンホー・オンライン決算ポジティブサプライズ 2月4日の東京株式市場ではガンホー・オンライン・エンターテイメント株価が急騰。開示した2018年12月決算がポジティブサプライズとなり、投資家から買い注文が殺到して株価上昇した。 ドイツ証券は「パズルドラゴンが大幅回 ...

NTTドコモ決算説明会IR資料 携帯電話通信会社大手は軒並み携帯電話料金の引き下げを検討している、国内首位級のNTTドコモ(9437)株価は、10月から政府高官の4割程度の料金値下げ余地発現から下落して冴えない展開が続く。 東海東京証券アナリストレポートでは、NTTドコモ ...

↑このページのトップヘ