構造改革実施企業をリストアップ 米中通商協議の進展や米国金融政策の転換、ドル高・円安基調が続くマーケットフレンドリー材料も揃っているが、日本企業の収益伸び率が鈍化が懸念されている。 東海東京証券では来期の業績改善が期待される構造改革実施企業をリストアップ ...

高配当利回り銘柄リスト インカムゲインを狙った3月期末配当取りが意識される相場展開の時期となった。某大手証券は2019年3月の配当取りスクリーニングを行い、銘柄選定を行った模様。 2019年3月の配当取りスクリーニング 証券コード 企 ...

地政学的リスク再燃で防衛関連銘柄が急騰 日経平均株価の足取りは米中貿易協議の進展と関税引き下げの期待感から買われ、しかし実際の経済指標の悪化が再び相場下落に傾いてきた。 信用取引動向は手仕舞い売りの継続と、買い戻しが推測される値動きとなっており、3月1日申 ...

川崎汽船株価急落、赤字1000億円ネガティブサプライズ 川崎汽船(9107)が3月7日に、2019年3月期の連結最終利益が従来予想200億円の赤字から、1000億円の赤字に拡大すると発表した。株価はネガティブ反応で、3月8日の東証一部市場下落率ランキング1位となっている。 国 ...

鉱工業指数の出荷好調な品目に関連 センサ機器...キーエンス(6861)(18/4-12期は前年同期比14%営業増益) 搬送装置...ダイフク(6383)(同+36%) エアコン...ダイキン工業(6367)(同+6%) パソコン...MCJ(6670東②)(同+14%) パソコン販売...ダイワボウHD(3107 ...

個人投資家人気のマネックス証券 3月5日にマネックス証券が公開した2019年2月の月次動向では、個人投資家の株式取引が活発となり、売買代金が前月比18%増加となった。 マネックスグループ(8698)が持株会社になっている傘下の証券会社、マネックス証券の2月の株式売買代 ...

レーティング効果でワールド株価大幅高 アパレル最大手のワールド株価が大きく上昇している、上昇率は6.63%、先週末比133円高の2140円で前場の取引を終えた。東証一部市場の値上がり率ランキングベスト・テン入りで9位となった。 2018年9月に再上場したがIPO投資家の間で ...

↑このページのトップヘ