国内大手証券が発行した銀行セクターのレポートでは、日銀が「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を発表したことを受けて、円金利イールドカーブ のフラット化につながる可能性を有している。この理由から銀行収益にとってはネガティブ要因、銀行の株価にとってもネガティブな影響は否定できないと指摘 している。  

 ただレポートの中では量的・質的金融緩和のもとで各金融機関が積み上げた既往の残高については、「従来の扱いを維持」としていることから、相当程度の当座預金残高には従来同様プラス0.1%の付利が適用されるように見受けられると解説。「政策発表後の銀行株価の反応はやや過大」との見解を示しています。


  スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット