株式相場見通し、日経平均株価1万3000円予想も

225chart

 日経平均株価は3日ぶりに反落、朝方は1万6200円台を試す局面があったが短期間の大幅高の反動で戻り売りが上値を抑える格好。後場の安値圏で は1万5632円まで下落する場面があった。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではリバウンド局面と下落局面の相場が混ざりながら、日経平均株価の下値メインターゲットを1万4000円、 これは2014年4月11日に1万3885円をテクニカルポイントを意識して計算を出しているようだ。

 さらに第二派の下げトレンドになると先々で日経平均1万3000円を試す可能性があることも視野に入れているようだ。エリオット波動の第2派下げ は、第1派上昇の61.8%押しとなることが多く、計算すると日経平均株価が1万3032円、TOPIXが1078ポイントと計算値が出るとい う。

 仮に最終的な底入れが1万3000円だった場合、最短で1か月間、順当に行って3か月間~4か月間の日柄が必要とも解説している。

にほんブログ村 株ブログへ

大物(第二部 独眼流の巻) 光文社文庫

独眼竜というペンネームで有名になった立花証券のオーナー、石井久氏のストーリーを実話を元に書かれた清水一行著の有名作。

「独眼流」のペンネームで予言を次々に的中させるが、その中でもスターリン暴落を予言したといわれる「桐一葉 落ちて天下の秋を知る」は証券業界では語り草になっている。表舞台から姿を消した後も近しい人間にバブル崩壊を予言(手持ちの金融資産、不動産を処分し現金に換えておくよう忠告したとされている)し的中させていた。

平成元年(1989年)には高額納税者番付で第2位となった。また同年に私財を投じて設立した財団法人『石井記念証券研究振興財団』は、現在も株式市場や証券市場の研究に対する助成金の給付、また同分野の学生や研究者に対する奨励金の支給などを行っている。

そのほか、大野城市の平野神社(彼の故郷牛頸地区に所在)の現在の社殿は1990年代初頭に総改築されたものであるが、平成の大改築と呼ばれるこの改築は彼の賛助により行われたものであり、その境内左手に設けられた碑は彼の祖霊を祀っている。

現在立花証券の代表取締役社長である石井登は長男、常勤監査役の渡辺常正は長女の配偶者

引用元:wikipedia


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック