王将フード(9936)、第三者委調査で209億円流出していたことが判明

王将フードサービス(9936)は29日引け後、2015年12月13日に一部マスコミ等で、2013年12月19日早朝に同社の当時代表取締役であった大東隆行氏が射殺された事件に関して,九州に拠点を置く暴力団組員が関与している可能性があるとの報道が行われたこと受け、2016年1月5日付で設置ししていた外部の専門家から構成される第三者委員会から調査結果を受領したと発表した。

調査によると、1993~2006年ごろ、創業家の知人やその関係企業と不適切な取引を繰り返し、計約209億円を流出させていたことが分かったという。30日付の日本経済新聞朝刊によると、「大東隆行・前社長が射殺される約1カ月前の13年11月、これらの不適切な取引に関する社内調査報告書をまとめていたが、内容を明らかにしていなかった。事件を捜査する京都府警もこの問題の一部は把握しているが、事件との関連は不透明だ」としている。

第三者委員会の調査報告書を受けて

餃子の王将社長射殺事件

中古価格
¥671から
(2016/3/30 10:32時点)



一目均衡表チャート分析 注目株スクリーニング

edef9331為替レートは


IPO ヒロセ通商 (7185)が公開価格830円と同水準で初値をつける
注目株がメールで配信される情報サービス
30通貨ペアの為替チャート・レートが見られるザイFX!
知っておこう!レーティング定義と証券会社の仕組み
いまなら2か月間100円で使えるウォールストリート・ジャーナル日本版
2万円台の海外旅行チケットセール中!スカイスキャナーで航空券比較検索

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック