ANA(9202)、清水建設(1803)など6銘柄を買い推奨

欧州系証券会社がリリースした日本株式投資戦略では、日本株の本格的な戻りは5月以降、米国の利上げ再開が織 り込まれるまでは高ボラティリティのレンジ相場が継続しそうと指摘。

短期的には海外投資家の現物売り継続、ヘッジファンドの解約フロー、個人投資家の影響力増大などから強烈なリバーサル相場を想定し、最大公約数的な投資戦術はシンプルに「配当利回り」と解説。

個別銘柄では、大手ゼネコンの中で割安感がある清水建設(1803) 、収益構造が最も強く変化している食品株として味の素(2802)、ECの再成長への確信が高まっているヤフー(4689)、成長シナリオがブレないダイフク(6383)、収益力、財務余裕、 事業リスク、キャッシュ経営など長期視点で優れている三菱電機(6503)、足元の需要は極めて好調で2ケタ成長が予想できるANA(9202)を買い推奨しています。


欧州大手証券の注目6銘柄

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

100円で2か月有料記事が読める
ウォールストリート・ジャーナル日本版

注目株がメールで配信される情報サービス

edef9331為替レートは


機関投資家の組み入れ銘柄 フィデリティ証券の資料請求はこちら
知っておこう!レーティング定義と証券会社の仕組み
いまなら2か月間100円で使えるウォールストリート・ジャーナル日本版
2万円台の海外旅行チケットセール中!スカイスキャナーで航空券比較検索

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

株初心者注目記事ランキング1位に注目
日経平均株価は4月末に向けて1万4500円


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック