国内大手証券の5月ターゲットリスト

SMBC日興証券では、短期的には16年3月期本決算の本格化とともに弱い会社計画の公表とそれを受けての業績予想リビジョンの悪化が、相場の重石になるリスクがあると指摘。

それでも、世界的景気動向を踏まえると日本株市場の転換点が近付いているとみて、やや長い目で見れば日本株市場全体が上昇基調に復帰、リターン・リバーサルの動きを強める可能性に備えるのが妥当と解説。

5月のターゲットリストとして、日揮、富士フイルムホールディングス、新日鉄住金、日立製作所、アイシン精機、島津製作所、JR東海、NTTドコモ、NTTデータ、コナミホールディングスを紹介している。
注目ランキング

targetlist stock

簡単な投資戦略、チャートとレーティング定義

100円で2か月有料記事が読めるウォールストリート・ジャーナル日本版

注目株がメールで配信される情報サービス

edef9331為替レートは


株初心者 5月のターゲットは富士フイルム

機関投資家の組み入れ銘柄 フィデリティ証券の資料請求はこちら
知っておこう!レーティング定義と証券会社の仕組み
いまなら2か月間100円で使えるウォールストリート・ジャーナル日本版
2万円台の海外旅行チケットセール中!スカイスキャナーで航空券比較検索

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL