連続増配企業スクリーニングリスト 2016年夏

株式投資の目的はキャピタルゲインとインカムゲイン、値動きによって利益を得られるのがキャピタルゲインという。成長株に投資するのは、将来有望な会社に投資することで株価の値上がり期待がキャピタルゲインをもたらすからだ。

もうひとつのインカムゲインとは、安定した配当金利回りにて収益を得ることをいう。預貯金や不動産投資の利回りもインカムゲインのひとつ。投資家は高配当銘柄に投資することで配当金を得られるので、株式投資初心者は配当利回りの良い企業の株を買うことが好まれている。



増配とは配当金を前期より増額することを意味する、企業業績が良ければ利益を株主還元する姿勢が近年の流行りとなっている。企業の株式持ち合いをやめて、多くの投資家に株を保有してもらうことで株主に気を使うようになった。

配当金が増えれば投資家は好んで増配企業の株を買う、そういう好循環になると増配銘柄は「インカムゲインとキャピタルゲインの両方が得られる可能性が高くなる。」というのが投資のセオリー。

そこで2016年下期に入り、投資戦略として「連続増配企業スクリーニング」をした。6月10日までの発表を元に集計すると、積水ハウス、J.フロントリテイリング、NTT都市開発など優良銘柄がスクリーニングヒットした。

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!

連続増配企業スクリーニング
1928 積水ハウス
2002 日清製粉G
3086 Jフロント
4307 野村総研
5332 TOTO
8586 日立キャピタル
8933 NTT都市開発
9989 サンドラッグ
株式投資情報ランキング

スクリーニングとは、様々な状況や条件の中から必要なものを選出することをいいます。 株式市場において、各種の銘柄から条件に合ったものを絞り込む場合に主に使われている用語です。 現在、数え切れないほどたくさんの企業が存在しています。 同じ業界の中にも様々な職種があることでしょう。

336_80


にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック