連続増配企業は好パフォーマンス

株主還元から日本企業もアメリカ企業なみに増配、自社株買いが増えている。投資家にとって配当金が増える事はうれしいことであり、多くの投資家が評価すれば株価上昇の重要ポイントとなる。

2016年夏、「増配企業スクリーニング」に記載されている積水ハウス(1928)の株価は、2年間のチャートで綺麗な上昇となった、またKDDI(9433)も同じ2年間チャートで株価パフォーマンスが良かった。こうした「増配企業」というのは好パフォーマンスだけに注目されたい。

増配企業スクリーニング17社リスト
FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!


9433

KDDIは通信株でディフェンシブ銘柄、株式市場でネガティブ材料視される、円高の影響、個人消費の落ち込みにも影響度が小さい。携帯電話がスマートフォン化して、通話料金からモバイル通信料金に需要が変わり。またSIMロック解除からナンバーポータビリティでユーザーは通信キャリアの変更が容易になった。

KDDI レーティング情報



増配企業スクリーニング
1928 積水ハウス
2002 日清製粉G
3086 Jフロント
4307 野村総研
4612 日本ペイント
5332 TOTO
6370 栗田工業
7911 凸版印刷
8308 りそなHD
8586 日立キャピタル
8905 イオンモール
8933 NTT都市開発
9021 JR西日本
9433 KDDI
9502 中部電力
9766 コナミ
9989 サンドラッグ
株式投資情報ランキング

1928積水ハウス

積水ハウス(1928)は住宅の回復、消費増税の駆け込み需要など好材料が話題になる銘柄。株価レンジは1600円~2200円でボックス相場が続く。こういう株価習性を知っていると、買い時、売り時がわかりやすい。5期連続増配は企業が自信のある証拠。外資系ファンドもポートフォリオに組み入れる常連銘柄だ、フィデリティ証券の資料請求はこちら

積水ハウス レーティング情報

スクリーニングとは、様々な状況や条件の中から必要なものを選出することをいいます。 株式市場において、各種の銘柄から条件に合ったものを絞り込む場合に主に使われている用語です。 現在、数え切れないほどたくさんの企業が存在しています。 同じ業界の中にも様々な職種があることでしょう。

336_80


にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック