サハダイヤモンド上場廃止猶予期間入りの理由

ジャスダック市場に上場するサハダイヤモンド(9898)の6月の平均株価が10円を割り込み、東京証券取引所は7月1日~9月30日まで上場廃止猶予期間に入ることになると発表した。

上場廃止猶予期間入りの理由
2016年6月の株価が、上場廃止基準に定める所要額(10円)未満となったため(有価証券上場規程第604条の2第1項第1号)

サハダイヤモンドは6月29日に「当社株式の「業績」基準に係る猶予期間からの解除に関するお知らせ」とリリースを発表したばかりだった。

http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html

サハダイヤモンド

「当社株式の「業績」基準に係る猶予期間からの解除に関するお知らせ」
http://www.sakha.co.jp/ir/news/pdf/kaiji28062905.pdf

「連続増配銘柄の魅力」、国内大手証券が117社スクリニーングリスト





「2016年後半の日本株見通し&注目銘柄・セクターレポート」
メールマガジン登録完了メールでご覧いただけます。
無料体験メールマガジンの登録はコチラ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL