8月株主優待銘柄が配当権利落ち日で反動安

8月決算企業の株価下落が目立つ、イオン(8267)、コジマ(7513)、ビックカメラ(3048)、ローソン(2651)など小売り株が軟調。配当権利付き最終売買日から一夜明けて配当落ちが株価下落の理由となっている。

小売関連株は、消費者に直接関係が多い店舗での買い物優待券などが個人投資家に人気があるために配当権利付き・株主優待権利付き最終売買日に向かって株価上昇する傾向がある。きょうは権利落ち日で反動安となった。

ローソン株価は前日比230円安の6560円まで下落、イオン株価は84円安の2353円まで下落、コジマ株価は20円安の490円まで下落、ビックカメラ株価は25円安の1472円まで下落した。優待制度の内容や、配当金額の大小によって株価下落度合いが銘柄によって差が出ている。

aeon-lowson




イオンカードセレクト
にほんブログ村 株ブログ 株初心者





スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット