アカツキ「ガチャ」問題、ストップ安とストップ高

akatuki-gacha

ゲーム関連銘柄の中核、アカツキ株価が急反発。値幅制限の上限1000円高の7570円まで買われてストップ高買い気配となっている。東証一部市場の値上がり率ランキングトップとなり、前日までのアカツキ株価急落から反動のl急反発となった。

同社の手掛けるスマホ向けゲーム「ドランゴンボールZ ドッカンバトル」で、キャラクター獲得の「ガシャ」で、キャラ出現率に不正な設定があるのではないか?という疑念が広がり、11月14日は1130円安の8070円、11月15日は1500円安の6570円までアカツキ株暴落となった。

アカツキは開発した他のゲームでは同じような不具合が無いと公表しており、急落後のリバウンド狙いや、過度な懸念から解放された格好で買いが集まった。

アカツキ、ハリウッドにグローバル映像事業子会社を設立
アカツキ東証一部上場承認、投資判断評価も高く目標株価13000円



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット