民泊営業日数の上限を180日に

apamanshop

スポンサーリンク

賃貸物件の仲介をする「アパマンショップ」を全国で直営店、FC店(フランチャイズ)で展開する業界大手。いちはやく民泊、スマートロックに参入している。市場関係者からは「民泊関連銘柄」として出遅れ株のアパマンショップ(8889)に注目する声が高まってきた。

政府は規制緩和の方針を、民泊営業日数を年間180日が上限となるように観光庁と厚生労働省に要請した。政府は今年度の通常国会で民泊を解禁するよう法案が進む可能性が高まっている。

アパマンショップ株価はトランプ相場も全く影響なく、昨年の8月以降ずっと横ばいを続けている。投資家は先駆して上昇した銘柄に過熱感が出ているために、循環物色や出遅れ銘柄へシフトする可能性が濃厚。投資テーマとしては「民泊」が話題になること、為替変動で内需関連株に物色されやすい環境になること、3月の引っ越しシーズンに向けて下値不安が少ないタイミングで仕込んで上昇を待つことという投資戦略が要求される。
http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html



スマートロックってなに?

スマートロックとは、自宅のドアロックをスマホで開ける「スマートロック」. Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) で都内のマンションや一戸建てを中心に普及し始めているセキュリティの高い玄関ロック。

【SHS-1321(ブラック)】SAMSUNG SMARTデジタルドアロック [日本語説明書付] サムスン

新品価格
¥11,260から
(2017/1/2 20:31時点)



高級品ではなく、新品価格でも1万円程度で購入可能、しかし業者に購入と取り付けをセットで依頼すると、いきなり3万円近くする。取り付けは比較的簡単なので自分で購入して取り付けした方が安い。しかも1万円台でセキュリティの向上は値段以上のメリットがあり、コストパフォーマンスが良いとされている。

apamanshop8889chart


アパマンショップ(8889)はフィデリティ投信が買っていた
今からでも間に合う2017年IPO銘柄は投資妙味大
銀行株今後の見通し、銀行株を持たざるリスク→状況を見極める局面へ

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック