アップルウォッチ不具合発生でアップル株価急落

applewatch
米国株式市場では主要3指数が史上最高値を更新、しかしiPhone X/iPhone 8 Plusなど新モデルを発表したばかりのApple株価が大幅安。9月20日のニューヨーク株式市場で、前日日1.68%下落して156.07ドルとなった。

一部メディアがApple Watch(アップルウォッチ)が通信不具合が発生していると記事にしたことが売り手掛かり材料となった。報道によるとアップル社も通信不具合が出ていることを認め、9月22日発売日までにソフト更新して不具合解消する見通しという。

東京株式市場では、iPhone発売10周年から期待された新モデル、特に有機ELディスプレイを採用した「iPhone X」の発表を機会にアップル関連銘柄が材料出尽くしで売られている。さらにアップルウォッチ不具合が株価下落を加速させる理由となった。

21日の前場では、村田製作所(6981)、アルプス電気(6770)、TDK(6762)などのスマートフォン電子部品関連企業、Hamee(3134)、AppBank(6177)などアプリ関連、スマホアクセサリー関連企業の株価が軟調となっている。




にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット