荒川化学工業の静岡富士工場火災で死者1名

12月1日、東証1部上場の荒川化学工業(4968)の静岡県富士市にある工場から爆発音が聞こえ、火災となり死者1名、33人が大けがするという事故が発生。この様子はテレビ、インターネットでも中継されたことで多くの人が惨状を知る事となり、同時に東京株式市場では荒川化学工業株価急落するという事態になりました。

arakawa-chemical-fire-factory

NHKニュース引用文
1日午前、静岡県富士市の化学工場で爆発があり、昼すぎに火は消し止められましたが、焼け跡から男性1人が遺体で見つかりました。消防によりますと、この火災で11人が病院に搬送されて、このうち3人が大けがをしたということで、警察と消防が詳しい状況を調べています。

1日午前8時半ごろ、静岡県富士市厚原の荒川化学工業の富士工場から「工場で爆発があった」と消防に通報がありました。

消防車およそ20台が出て消火活動に当たった結果、およそ5時間半後の午後2時すぎに火は消し止められましたが、警察によりますと、爆発が起きた4階建ての建物の1階部分の焼け跡から男性1人が遺体で見つかりました。

出所:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171201/k10011242811000.html

荒川化学工業株価急落、火災の影響で業績悪化懸念

arakawa-chemical-171201

上場企業の工場が大規模な火災となったことで、投資家はすぐに株を売りに出した様子。東証一部市場へ上場する荒川化学工業(4968)株価は急落、ニュースが広く伝わる頃ちょうど午前11時ころには前日比197円安の2257円まで株価が下落する場面がありました。

投資家は工場火災により生産能力が低下、近隣への補償問題、従業員への意慰謝料など、多額な損失と生産機会の損失など業績悪化の懸念から株価値下がりとなった。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット