ハリケーンの影響で朝日インテックに特需

東証二部市場では朝日インテックが売買代金ランキング3位、トップは東芝(6502)、アサヒ衛陶(5341)が2位と低位株が並ぶ中で、朝日インテックだけ値嵩株となる異色な光景。

国内大手のSMBC日興証券は朝日インテックは中国での特需が継続、ハリケーンの影響で心臓の血管治療に使われるPTCAガイドワイヤーシェアが拡大すると予想して、レーティング「2」継続ながらも、目標株価を5300円→7200円へ大幅に引き上げたことが注目された。

足元の株価は12月1日に7900円の高値まで上昇、2015年4月9日に記録した上場来高値8680円へ接近しており、かなりチャート的にも意識した展開となっている。

asahi-intech


三菱UFJモルガンレーティング、朝日インテック目標株価引き上げ
ゴールドマンサックス日本株見通し注目機械セクター個別銘柄
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット