フィデイリティ投信保有銘柄-センチュリー21

ジャスダック市場に上場する、伊藤忠商事系列の不動産仲介大手「センチュリー21」をフランチャイズ展開するセンチュリー21・ジャパン(8898)業績拡大中。2017年に年商40億円を突破して時価総額は10年前と比較して1.6倍になった。

財務面でも有利子負債0円、無借金経営のところ利益剰余金は51億円もあり、キャッシュリッチ企業、今後は手元資金を有効に使うか、株主還元策として増配が期待される。

フィデイリティ投信を窓口として米国エフエムアールがセンチュリー21・ジャパン株式を大量取得した。1月22日提出の5%ルール大量保有報告書では、従来は保有株ゼロだったが、突如発行済み株式の5.01%を取得、56万6900株を取得した事が明らかになった。

海外投資家が大量に株式を買付した事、投資先企業調査やファンドマネージャーの投資判断から「買い」とみられたことは、株価上昇見込みのある良い銘柄に投資をしたい個人投資家も真似して買うケースが期待できそうだ。
century21

5%ルール大量保有報告書 センチュリー21ジャパン(8898)
お部屋探しはレオパレス21
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット