みずほ証券日経平均テクニカル

Nikkei225-20191204


テクニカルでは、海外投資家の買いや裁定売残の買い戻しが一巡、売買代金も減少し株高のエネルギーが細っていると指摘。

米中通商交渉の結果が判明するまでは過度な悲観も禁物で上値・下値は限定的、日経平均は22500~23700円、TOPIXは1630~1730ポイント前後のレンジで乱高下し、日経平均24000円、TOPIX1750ポイントのハードルは高そうと解説。

日経平均株価とTOPIXは価格水準、累積売買代金、予想PERの水準などで大きなギャップが生じているためバランスを崩しやすい状態で推移しているとみて、12月中旬頃から1月にかけて値幅を伴った大きな調整局面になると予想しています。



100円からのFX:キャンペーン実施中
キャンペーン!DMM株は初心者向け

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット