ビットコイン事件、過去最大の被害総額580億円

coincheck

仮想通貨NEM(ネム)が外部からの不正アクセスにより580億円分が流出した事件で、コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F 代表取締役:和田晃一良)はNEM保有者顧客26万人に460億円を日本円で返金すると発表した。

1月26日に緊急記者会見を開き外部からの不正アクセスにより、顧客の保有する仮想通貨NEM580億円分が引き出され、ハッキング行為により盗まれたと公表した。過去にマウントゴックス社長・マルク・カルプレス氏が顧客の預かり資産75万ビットコイン(当時470億円分)が消失したことで、ビットコイン=怪しいというイメージがついてしまってた。コインチェックNEM流出事件はマウントゴックス事件よりも被害額が多く、ビットコイン事件としては過去最大の被害額となる。

コインチェックは1月28日未明に、不正流出したNEMを保有する顧客26万人へ返金することを発表したが、支払い原資は自己資本を使うという。詳細はわからないが、自己資本が480億円もあるのか不明。また補償時期や返金手続きの方法については検討中としており明らかになっていない。

注目ビットコイン取引口座開設



GMO-Z.comコイン株式会社
Bittrade
コインエクスチェンジ
みんなのビットコイン株式会社
bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット