マネックス×コインチェック

コイン チェックを36億円でマネックスグループが買収しいて完全子会社化を発表。マネックスグループ株価は将来大きな利益貢献すると期待からストップ高まで株価上昇した。週末4月6日の終値は80円高の480円、後場から一気に急上昇して引けにも178万株以上の買い注文を残した。

注目点はコインチェックの企業価値と将来性、36億円で買収は安い買い物か高い買い物だったか現在はわからないが、少なくとも株式市場で、マネックスG(8698)株価がストップ高になるという意味は、コインチェックを買収したのは安い買い物だったという評価でありそう。





コインチェック上場、将来IPOの可能性

この日、マネックスとコインチェックが共同で記者会見を行った。ニュースでは報道陣が170名以上集まった、それだけ関心が高いニュースとして報道されている。

日本経済新聞朝刊4月7日付けには、「コインチェック「IPOめざす」、マネックス社長ら会見。」と記事が大きく掲載されている。コインチェックの顧客(仮想通貨取引投資家)は証券会社の顧客よりも若い年代層を持っており、将来のマネックス証券の潜在客層となる。

マネックス証券の長い経験で得たセキュリティー及びノウハウをコインチェックに有効に生かしてシナジー効果を高める狙いを持っている様子。 今回の記者会見にはマネックスグループの松本大社長が久々に全面的に露出度多く出ていた印象を受けた。



コインチェックの概要

コインチェック業績推移をみると、2015年3月期の売上高1億2300万円→85億1100万円→772億3000万円、総資産は2017年33月期で38億6800万円となっている。

2018年1月26日にNEM流出580億円事件から2か月後に460億円を補償したことを考えると、ビットコイン元年、仮想通貨バブルと呼ばれた2017年~2018年は、相当な利益を生み出したはず。

TwitterなどSNSやネット上では、1000億円利益を出すコインチェックをマネックスが36億円で買収した美味しい案件とも騒がれていた。一方で記者会見の質疑応答に「36億円の買収金額はリスクを反映して安いのでは?」という一面もあった。

yuho-coincheck


金融庁登録済み 仮想通貨業者

Bittrade(ビットトレード )
コインエクスチェンジ
GMO-Z.comコイン株式会社
みんなのビットコイン株式会社
ビットフライヤー
DMM Bitcoin

GMOコイン

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット