大東建託アパート建設キャンセルや着工遅延

daitokentaku


大東建託(1878)株価が下落して始まった、日本経済新聞朝刊1月25日付けで「大東建、10年ぶり減益、4~12月営業6%減、受注減響く。」と報じられたことが売り手掛かり材料となった模様。

新聞報道によると、大東建託の2018年4月~12月期の連結営業利益が1050億円程度で、前年同期比6%減となったもようだと観測記事を報じた 。

株価は190円安の15190円で寄り付いて、350円安の15035円まで値下がりする場面があった。 金融機関がアパート建設向け融資の厳格化などの影響で、アパート建設キャンセルや着工の遅れが響いたという。


▼[岩井コスモ証券ネット取引]キャッシュバックキャンペーン実施中!▼





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット