フロンティア不動産投資法人、再評価のタイミング

frontier-reit

フロンティア不動産投資法人(8964)は三井不動産(8801)がスポンサーになっている商業不動産REIT、クレディスイス証券は高い利回りに着目して投資評価を引き上げている。

同証券ではフロンティア不動産投資法人の目標投資口価格を54万円から56万円に引き上げ、レーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げた。フロンティア不動産投資法人への魅力が再評価されるタイミングと推奨。

2017年12月期の予想分配金利回りがJ-REIT中で最も高い4.2%もあり、東証REIT指数の3.4%を上回っている事、三井不動産が開発した商業施設を取得可能、質が高いことでテナント契約期間が平均18年8か月と安定している。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック