新型コロナウイルスワクチン開発や日銀金融緩和

FX投資家はこまめにトレードして利益を上げている様子、今週の外国為替市場ではドル円レートが一時108円台を回復する局面があったが、その後は107円台を中心とする値動きとなった。

SMBC日興証券による来週のドル円相場見通しは、経済指標等の注目材料が乏しく、新型肺炎を巡る動向や米中問題が引き続きカギになろうと解説している。



コロナ感染再拡大(コロナウイルス感染第2波)となれば、トランプ大統領が責任回避の為に対中国強硬姿勢を一段と強める展開が想定されるという。

来週のドル円予想レンジが106円~108円台の推移が続くとして、リスクシナリオが実際に起こるか否かによってはレンジ下限を割り込む恐れがある点には留意としている。



スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット