外資系投資銀行発行FX情報レポート

fxreport-barclays

1週間の為替相場変動幅は以上に大きかった、ボリンジャーバンドでは上限σ3から下限σ3まで上下に振れた。これは滅多にないことでドル円レートの変動幅が如何に大きかったことがわかる。

FX情報関係者によるドル円見通しは、直近1週間の主要通貨騰落率を見るとJPYが最も強い通貨となり対ドルでJPYは2.4%上昇。米国株が5日続伸となってリスクオンでも日経平均株価は米国株にアンダーパフォーム。

 外資系投資銀行発行レポートでは、このままJPYが上昇トレンドを続けるとは考えづらく、円の買戻しが終了したと見るのは時期尚早かもしれないが、年末に向けて円高基調が続くとは考えられない。一旦、落ち着いたところで、本邦企業・投資家が活発化することでUSD反発となることを予想すると紹介している。

ぱっと見テクニカル FXプライム byGMO
手数料等コストはクレジットカードの約半額
約定スピード最速0.001秒!(平均0.004秒)【LION FX】

Tポイントがザクザクたまる!



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット