韓国「日本製品不買運動の影響」

不適切な輸出事案があるとして、日本政府が韓国をホワイト国から除外、半導体製造材料などに使われるフッ化水素など3品目の輸出規制を、優遇国レベルから通常国並みに戻すことに韓国は反発して、反日運動が高まっている。

HANA-TOUR

出所:ANN NEWS https://www.youtube.com/watch?v=x5c-AUOVPZk&t=189s

いつものように韓国国内では「日本製品のお不買運動」が起こり、コンビニ・スーパー大手で日本製ビール、食料品などを商品棚から撤去。7月1日~9日のロッテマートで日本製ビール売上14.6%減少、イーマートで15.6%減少となったという。

韓国人の間では、日本製品の不買運動、日本への旅行中止を求める声がSNSで拡散しており、旅行会社HANA TOURでは日本への旅行の新規予約30%減(2019年7月8日~10日)と大きく減っているという。

日韓関係の悪影響を受ける銘柄ハナツアー(6561)

東証マザーズ上場HANA TOUR JAPAN(6561)は、韓国旅行会社HANA TOUR の日本法人。2017年12月15日に東証マザーズ市場へ上場して株式公開した。公開価格2000円に対して初値は2200円だった。主に韓国本社からの訪日客を扱う、インバウンド需要関連銘柄。

しかし、7月1日に日本政府が韓国をホワイト国から除外する旨を発表してからというものの、韓国国内では日本製品の不買運動、日本旅行の中止、2020年東京オリンピックボイコットなど韓国国民の間に反市行動が高まっていることで、訪日客減少はHANATOUR JAPAN業績悪化の可能性が色濃くなってきた。

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com
人気ホテル&旅館が最大50%オフ

chart65651-HANA-TOUR







GMOクリック証券アナリストレポート、銘柄診断無料サービス
マネックス証券、新規口座開設キャンペーン





スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット