市光工業上場来高値を更新、ヘッドランプ受注拡大

ichikoh

5月8日、市光工業決算発表が開示された。第一四半期2018年1月~3月期の営業利益はコンセンサス26億円を大幅に上回る38億円、通期2018年12月期の計画を73億円予想から84億円へ上方修正した。

市光工業株価は業績見通し上方修正を好感して大幅高、前日比242円高の1410円まで買われて上場来高値を更新。投資家は素直に好業績銘柄を買う動きが顕著となった。

アナリストによる評価はトヨタ自動車、日産自動車向けを中心としたヘッドランプ、カメラモニターシステム受注が拡大しており、ASEAN各拠点のコスト削減と原価低減、収益改善が好印象だという。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット