中古車IDOM株価が値上がり、いちよしが目標株価引き上げ

idom-gulliver




IDOM(7599)が反発、有力処は効率的な買取の仕組みの再構築が課題と指摘

  IDOM(7599)が反発。前日比20円(2.8%)高の740円まで買われている。きょうは、いちよし経済研究所によるレポートが確認されている。

  レポートでは、17年2月期以降の業績予想を上方修正。中古車買取台数は想定を上回って推移していることから、買取台数増加による利益底上げを見込むと説明。それでも、買取台数1台あたりの広告費が高止まりしており、効率的な買取の仕組みの再構築が18年2月期の課題となると指摘。

  フェアバリューを580円から620円へ引き上げ、レーティングは「B」を継続している。



NEC大幅業績下方修正、営業利益67%減少で従来予想を下回る
ソニー映画分野で減損1121億円、エムスリー売却へADR下落率トップ
自動運転システム関連株、国内証券が注目する22銘柄
大和証券レーティング情報、エムスリー(2413)目標株価引き下げ
株初心者ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL