三菱UFJがIDOM目標株価引き上げ

IDOM

東京株式市場では中古車販売のIDOM(7599)株価が2日続落、4月12日に発表した2018年2月期決算を業績上方修正したことが好感されて、4月13日に880円の高値まで買われたが利益確定の売りに押されている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は17日、「広告宣伝費効率た台粗利改善を次のカタリストとして注目」として、IDOM目標株価を720円から770円へ引き上げ、投資判断(レーティング)「HOLD」を継続とするアナリストレポートを発行した。

同証券アナリストはIDOM2019年2月期の営業利益予想を75億円から85億円へ上昇修正。前期比25%の増益を予想しており、会社側は仕入れ方針の変更・強化により総販売台数の増加を見込んでおり、アナリストも中古車市場の寡占化による出店拡大とIDOMの安定2ケタ増益を予想。

しかしながら、2ケタ増益成長も株価には織り込まれているとの判断から、目標株価を720円→770円へ微調整、投資判断を「HOLD」継続としている。



マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン



無料体験メルマガ登録


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット