日本航空とSBIホールディングス海外プリペイドカード事業

jal-sbi-fintech
JAL(日本航空)とSBIホールディングスは、共同持株会社を設立してフィンテック事業で協業すると発表した。設立する持ち株会社は「JAL SBIフィンテック株式会社」で、2018年度から国際ブランド・プリペイドカード事業に参入。スマホに入金するだけで、海外旅行者は現地でドル・ユーロなど外貨決済が可能になるサービス。

海外旅行者向けに強みのある日本航空と、金融総合サービスに強みのあるSBIグループが共同でフィンテック事業に注力することで利用者も便利になる見込み。事前入金型にすることでキャッシュレスサービスが高まり、JALカードマイレージが貯まる特典がある。



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット