村上ファンド出身者設立のエフィッシモキャピタル

シンガポール籍の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネジメント社が経営再建中のジャパンディスプレイ株式を大量に買い付けたことが判明した。

2018年12月19日付け提出の大量保有報告書で明らかになった。発行済み株式の5%を超える取得者は、報告が義務付けられており5%ルールとも言われている。

最新資料によると、Efissimo Capital Management 社はジャパンディスプレイ株式を7.90%取得、66,876,500株を投資目的「純投資」としている。

直近では中国電子部品メーカーの欧菲科技(オーフィルムテック)がジャパンディスプレイに出資する方向だと報じられたばかり、業績低迷からJDL株価は12月13日に50円まで下落して上場来安値を記録していた。
JDL

東証一部値下がり率ランキング(2018年12月20日)
AMIDAホールディングス初値1552円・終値1342円
大量保有報告書ジャパンディスプレイ-エフィッシモキャピタル(大量取得)

生涯投資家 (文春e-book)


にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット