日経平均株価予想を引き下げ

stockmarket-trump

国内調査機関TIWによる日本株日経平均株価見通しでは、既に議会共和党からのトランプ擁護はなくなり、就任5ヵ月足らずで大統領は機能不全に陥っていると指摘。

市場からはトランプ大統領への期待は既に剥落、大統領の言動も影響力を失いつつあると考え、今後の注目は米経済拡大とFRBの利上げに回帰すると解説。日本株の割安感は顕著とみて、積極的なスタンスを提案。日経平均妥当レンジは2万0550円~2万2200円から2万0250円~2万1900円に引き下げています。

また市場関係者が注目する為替相場予想では、大手生命保険会社の2017年度運用計画でドル高・円安を予想する運用ポジションへ傾いていることが注目されており、大手全社が1ドル=120円以上のドル高を予想。特に6月のFOMCを待たずにフランス大統領選挙でマクロン氏が勝利した時点でドルラリーが始まっているとの見方が有力説。

ビットコイン関連銘柄11社に注目





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 





スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL