2017年注目のJ-REIT

JapanHotelReit
スポンサーリンク

三菱UFJモルガン・スタンレー証券がリリースした不動産・REITセクターのレポートでは、国内不動産ファンダメンタルズの先行きに不透明感が残ると指摘。

大手不動産はP/NAV1倍に近づくにつれ株価上昇に鈍化の兆しが見られるとみて、J-REITは日銀が長期金利を低水準に抑える方針を示していることから、利回り商品として追い風の環境が続くと解説。

J-REITの注目銘柄として、ジャパンホテルリートとジャパンリアルエステイトを取りあげ、不動産では、優良投資案件により中期的なNAV上昇余地があり、今後予想される調整局面でディフェンシブと考えられるNTT都市開発と三菱地所の買い推奨を継続しています。

JapanhotelReit8985chart


5%ルール大量保有報告書 セグエグループ(3968)-愛須康之(発行会社の創業者)
トランプ相場いつまで続く?2017年1月は下落に備える準備が必要
東芝と銀行株下落の理由、SMBC日興が3つのシナリオをレポート作成

スポンサーリンク

コメント

コメント一覧

    • 1. 伸長
    • 2017年01月02日 09:09
    •  地銀へ金融庁から、アパ・マン融資自粛の文書通達でたと聞いた。都内空室率3割はバブル崩壊の証。今REITをすすめるのは、プロとして失格。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック