小糸製作所「BUY」へ投資判断引き上げ

koito-LED


小糸製作所(7276)の株価が堅調に推移、自動車関税が注目される中で自動車部品企業株価も売られる局面があったが、10月30日安値4925円を底値に順調に回復している。

今朝は買い気配から始まり前日比270円高の6250円で寄り付いた、その後は利益確定の売りに押されているが、機関投資家からの注目株として証券関係者の間でも話題になっている。

野村證券は小糸製作所レーティングを「ニュートラル」から「BUY」に引き上げ、目標株価7800円→7500円へ引き下げた。株価が伸び悩んだのは投資判断の格上げ+目標株価引き下げが要因だった印象。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者



どん底から億万長者

かつて「乗っ取り屋」と呼ばれた男の、知られらざる苦闘と復活の物語。
ビジネス界の著名人大推薦の全米ベストセラーが登場!

20年前、小糸製作所に買収攻勢をかけ、単身トヨタに喧嘩を売った男として日本人に鮮烈な印象を植えつけたブーン・ピケンズ。日本での認知は「グリーンメーラー」のはしりといったものに限られるが、アメリカでのピケンズに対する評価は、日本のそれとは180度異なる。

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット