京セラ、ヘムロック社との和解はポジティブ

kyocera

京セラ(6971)が11月28日大引け後に業績下方修正を発表した。米国ヘムロック社とポリシリコン長期購入契約の和解により特損を計上したのが理由と京セラIR開示資料で判明。

京セラ株価の反応は上昇して始まった、前日の米国株式市場が大幅高だったこともあるが、一時は299円高の6399円まで値上がりした。証券アナリストからは、Hemlock社とポリシリコン長期購入契約の和解はポジティブ材料と受け止められた。

クレディスイス証券は太陽電池市場の需要低迷、価格下落が続く中でポリシリコン原材料は同社の足かせになっており、今後はマーケットプライスで調達できることにより業績悪化リスクが大幅に低下すると前向きに解説されている。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット