レオパレス21アパート建築請負事業好調

leopalace21

レオパレス21(8848)が大幅続伸、5月15日午後2時に発表した2017年3月期決算内容を好感した買いが投資家から入っている。アパート融資規制や大家とのトラブルでネガティブな印象があっただけに決算と増配が株価にポジティブ材料となった。

2017年3月期決算の売上高は5204億円で前期比2%増、営業利益228億円で前期比9%増、賃貸事業の入居率の回復が鈍化して88.5%まで低下したが、建築請負事業の粗利益が上ぶれた。

同社は自社株買い1300万株/80億円上限とする発行済み株数の4.95%に相当するポジティブな材料を発表。また株主還元策として12円増配の年間22円配当を発表した。

賃貸

320_100





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL