クラウドAIプラットホームClova先行投資

4月下旬に発表した決算内容に嫌気してLINE株価が軟調、銀行系大手は5月12日付けで投資判断(レーティング)引き下げのレポートをリリースした。

マーケット関係者の間で三菱UFJモルガン・スタンレー証券がLINEレーティング格下げレポートが確認された。同証券では「ニュートラル」から「アンダーウェイト」へ格下げ、目標株価を3300円から2700円に引き下げている。セクター内でLINE今後の株価パフォーマンスが下位になるという。

アナリスト分析では先行投資が嵩んでおり営業費用が掛かっている点をネガティブ視しているようだ。クラウドAIプラットフォーム「Clova」、LINEモバイル、LINE Payなど新サービスの収益貢献は中期的だが先行投資が営業利益を伸び悩む原因としている。






にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック