北朝鮮ミサイル発射、過去最高の高度4000キロメートル

11月29日早朝午前3時18分ごろに北朝鮮は弾道ミサイルを発射した。北朝鮮平安南道・平城から日本海に向けて発射された弾道ミサイルは約53分間飛行、最高高度4000キロメートル、青森県西部250キロメートルの日本海に落下した。

日本政府は北朝鮮ミサイル発射の兆候をつかんだと前日に報じられ、東京株式市場では石川製作所(6208)、豊和工業(6203)など、北朝鮮リスク・防衛関連銘柄が物色された株価急騰した。

lofted
日テレNEWS24 

29日、寄り付きから防衛関連銘柄は買い気配で始まり、短期値幅を狙った投機的マネーが荒っぽい値動きとなった。石川製作所は前日比250円高の3350円で寄り付いたが、これがほぼ天井となった。豊和工業も前日比120円高の1757円で寄り付き1810円まで上昇したが、こちらも寄り付き天井となった。

前引けの段階で両銘柄とも上げ幅を縮小していることから、北朝鮮がミサイルを発射しても金融市場、株式・為替市場では「またか」と、慣れてしまって反応されなくなった。





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット