日経平均上値重い展開が続くがスピード調整とも

market


米国株式市場はNYダウが4日続伸、史上最高値を更新する一方でナスダック総合指数は、アマゾン・ドットコム、フェイスブックなどIT企業株価が売られて軟調。日経平均株価は後場に下げ幅を拡大、一時は200円超の下落となった。

物色面ではドル高一服でトヨタ自動車(7203)、日産自動車(7201)、マツダ(7261)、ホンダ(767)、デンソー(6902)など完成車メーカー、自動車部品メーカー株価が下落。

直近で大幅高を演じてた黒鉛電極関連の昭和電工(4004)、東海カーボン(5301)は揃って続落、ファーストリテイリング(9983)は国内ユニクロ既存店売上高が2か月連続上昇が好感され値上がり、宅配便取扱高が増えており、ECサイトが注目されるが、段ボール製品の値上げでレンゴー(3941)が4連騰と買われた。





レーティング速報メルマガ
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット