みずほFGと三井住友トラスト傘下銀行部門が合併

みずほフィナンシャルグループ(8411)と三井住友トラストHD(8309)傘下の銀行部門が事業統合に入る協議をしていると報じられている。NHKニュース、日本経済新聞がスクープ記事を報道している。

メガバンクがとうとう業界再編に入った、しかもみずほ、三井住友という別々の系列が事業統合合併というのは驚きだ。マイナス金利時代で金融機関は厳しい経営環境にあり、系列の枠組みを超えた統合には銀行業界の本気度が伝わってくる。

報道によると、みずほフィナンシャルグループ傘下の資産管理サービス信託銀行と三井住友トラスト傘下の日本トラスティ・サービス信託銀行が統合する方向で2017年度内に合意を目指す模様。主要株主、金融庁など関係各所へ調整に入っているという。

2信託銀行部門の信託財産は380兆円となり、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の規模を超えて2倍になる模様。



mizuho-mitsuisumitomo-nhknews




スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック