みずほプレミアム・ポートフォリオとは

みずほ証券が各セクターアナリストが投資判断「買い」の中から厳選して、エクイティ調査部のマネジメントで構成される銘柄決定委員会で決定される。

mizuho-premium-portfolio

小売り株を「中立」に引き上げ

みずほプレミアム・ポートフォリオでは小売セクターの決算プレビューで、天候に恵まれたことから既存店売上高はプラス基調で推移する企業が多いと指摘。

粗利益率の改善が会社計画ほどに進んでいない可能性や最低賃金の引き上げなどによる人件費上昇といったコスト負担増の可能性にも留意したいとして、サブセクターでは、衣料品専門店、ホームセンター・家具、家電量販店などが前年ハードルが高いと指摘。

百貨店やドラッグストアなどはインバウンド需要の減少や薬価改定の影響により前年ハードルが低いと解説。注目銘柄として、コスモス薬品、ツルハホールディングス、サンドラッグ、ドンキホーテ、丸井グループ、セブン&アイ、ニトリを紹介しています。




にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック