トランプ外交に自動車リスク警戒

import-car

3月期末配当権利付き最終売買日でトヨタ自動車(7203)、日産自動車(7201)、中部電力(9502)などの配当利回りの良い銘柄に買いが旺盛、JAL(9201)やオリエンタルランド(4661)、JR東海(9022)、JR東日本(9020)など株主優待制度を狙った買いも旺盛のようだ。

しかしトランプ政権がオバマケア代替法案を成立させることが出来なかったことで、銀行系大手は下値18300円~18500円の下値模索を予想。また内政問題がうまくいかないことから外交問題へ何らかの動きがある可能性を指摘。

トランプリスクに備えるために、ポートフォリオ構成銘柄の入れ替え、3銘柄を削除している。

みずほプレミアムポートフォリオ銘柄入れ替え、自動車関連を削除





トランプドル高円安はどこまで続く?日本株は割安で強気の投資判断を継続
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/17-3/23)
IPOスケジュール新規上場企業|初値予想と結果パフォーマンス
5%ルール大量保有報告書 ASTI(6899)-ルネッサンス・テクノロジーズ(処分売り)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL