マネックスグループ株価の上値目処の参考

monexG

マネックスグループ(8698)の売買代金が高水準で推移、東証一部市場の売買代金ランキング1位は任天堂、2位は日経レバレッジ、3位にマネックスグループと買われている。

コインチェック買収から仮想通貨取引業に参入を計画するマネックス証券だが、株価は急上昇前の終値344円から633円まで約2倍近い水準にまで値上がりしたため利益確定売りも出てきているようだ。

4月20日に提出された大量保有報告書によると、米国のFMRが保有するマネックス株式を減らしていることがわかった。従来は保有株比率9.98%から6.46%に減少しており、短期間での株価上昇で海外投資家は利益確定売りをしたと推測される。

このエフエムアール(FMR)は事実上の連絡先をフィデイリティ投信にしており、株式市場ではフィデイリティ投信と一心同体とみられている。

大量保有報告書 マネックスグループ(8698)-FMR(フィデリティ投信)





無料体験メルマガ登録


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット