野村證券予想、2017年の日経平均高値22000円

nikkei225-2017

野村證券による日本株投資戦略では、米国景気、中国景気、国内景気ともに好調で、円安も追い風と指摘。海外投資家による日本株のアンダーウェイト解消の動きは、まだ緒についたばかりとの見方で、ドル建て日経平均の高値更新が実現すれば、買わないリスクが強く意識され、株価が先走る可能性も考えられると解説。

2017年1~2月は、事前取材に対する規制により従来と比べてアナリスト予想が楽観的なままになりやすく、その頃には「日経平均が22000円でも割高ではない」といった主張が繰り出されると予想。

2017年の日経平均は、2月に高値22000円、8月に安値17000円、年末21000円とみて、注目セクターとして、金融と小売を取りあげています。

空売りファンドがSMC、日本電産を狙い撃ちして株式市場で話題に
三菱UFJフィナンシャル・グループ目標株価1050円、「BUY」
岩井コスモ証券アナリストレポート投資情報サービスを無料入手方法



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック