ブイ・テクノロジー株価が年初来高値を更新

vtecimg003

業績好調「有機EL関連銘柄」として人気が高いVテクノロジー株価が年初来高値を更新した。株価は後場23940円まで買われ前日比440円高まで買われる場面があった。

2月20日は、韓国サムスン電子が有機ELパネル減産と報じられ、iPhone関連銘柄の村田製作所(6981)、アルプス電気(6770)、TDK(6762)などが売られ、有機EL関連銘柄の平田機工(6258)、保土谷化学(4112)、出光興産(5019)なども下落した。

この環境で異彩高を放ったのはブイ・テクノロジー、13日に2018年3月期第三四半期決算を発表。通期見通しは売上高を減額修正したが利益は増額修正となったほか、従来予想の年間配当200円から270円へ70円増配を発表した事が株高の理由となった。

岩井コスモ証券では、ブイ・テクノロジー投資判断(レーティング)「A」継続、目標株価を23000円→29300円へ大幅に引き上げた。大幅増収増益、業績好調、増配、有機EL部材工場建設決定、円高影響も軽微と調査レポートをリリースしている。

5%ルール大量保有報告書 ブイテクノロジー(7717)
ブイ・テクノロジー投資判断レーティング・目標株価
2018年3月期 第3四半期報告書
にほんブログ村 株ブログ 株初心者

ひふみ投信



スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット