FACTAがオリンパスのスクープ記事

facta-olympus


「オリンパスは二度死ぬ」、FACTAの記事が注目され株価急落

オリンパス(7733)が続急落。朝方に一時、前日比315円(7.6%)安の3820円まで売られる場面があった。市場関係者の間では、総合情報誌「FACTA」がオリンパスについて取り上げており、その内容が嫌気されている見方が大勢だ。

「FACTA」の17年1月号では、「オリンパスは二度死ぬ」と題した記事を掲載。今年市場を賑わせた空売りファンドのレポートの内容を彷彿させるような、厳しい内容となっている。「FACTA」はまさに2011年に発覚した同社の粉飾決算に関する調査報道をスクープした総合情報誌。

株初心者ランキング
武田薬品レーティング、外資系2社は「売り」に格下げ
岩井コスモ証券アナリストレポート無料で入手する方法
一目均衡表で売りシグナル・買いシグナル銘柄で簡単トレード
新規口座開設で最大20,000円キャッシュバック!【外為ジャパン】

ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件 (講談社 α文庫)

中古価格
¥204から
(2016/12/25 22:55時点)



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック